目をパッチリさせたい

顔のパーツの中でも、目にコンプレックスを持っている人は多いです。
日本人は、一重まぶたや奥二重まぶたの人が多いです。芸能人やモデルさんは、パッチリした二重の人が多いですが、実際には日本人の大半は一重まぶたや奥二重まぶただといわれています。
しかし、外国人のようにぱっちりした目になりたいとあこがれを持っている女性はとても多いようです。

一重まぶたの人が、一重まぶたを嫌がる理由としては、「冷たく見られる」「眠そうに見られる」などがあげられます。
また、カラフルなアイシャドウが似合わない、バッチリメイクをしても映えないという理由を挙げる人もいました。
こういった理由から、一重まぶたから二重まぶたへの美容整形の需要はとても大きいのです。

二重まぶたの美容整形手術は、ほとんどの美容外科で扱っている施術です。
美容外科で、近年特に人気があるのが、プチ美容整形という施術です。
「プチ」というだけあって、短時間で受けられて、副作用やデメリット、リスクが少なく、低料金なのが特徴です。
プチ美容整形にはいろいろなものがありますが、二重美容整形の分野では埋没法という施術方法がプチ整形にあたります。

埋没法のメリットは、皮膚を切らない、費用が安い、短時間でできる、ダウンタイムがないなどです。
二重を作りたいラインにそってまぶたの裏側から細い糸を通し、2,3箇所を留めて固定させるという手法が用いられています。
この方法であれば、メスで皮膚を切らないため安心ですし、手術の跡は二重のラインと重なるため表面上はほとんどわからなくなります。費用も安いので、若い女の子でも気軽に受けることができます。
大阪の美容外科でも、埋没法による手術を扱っている美容外科がほとんどです。

もう一つ、美容外科で行われている二重美容整形手術として代表的なものは切開法と呼ばれるものです。
これは、メスで皮膚を切り、まぶたの余分な脂肪を取り除きます。その後、二重のラインを作りながら皮膚を縫い合わせていきます。
二重まぶたにしたいという人はもちろん、目の上に脂肪が厚くついていて、目が腫れぼったい印象に見えてしまうという人にも人気の施術方法です。
くっきりした二重ラインを作りたいという人や、幅広い二重ラインを作りたいという人に特にオススメの方法です。
ただし、埋没法よりも料金は高く、皮膚を切開するため術後しばらくは経過を慎重に観察することが必要です。

美容外科でもう一つ人気が高い二重手術は、目頭切開という施術です。
この施術も多くの美容外科で行われています。
日本人の多くは、目頭から上まぶたにかけて蒙古ヒダというものがあります。この部分を切開することで、目の幅を広げることができ、目の大きさを大きくパッチリと見せることができるのです。
美容外科では、この目頭切開で華やかな目元にする施術を受けられます。一回の施術で目元の印象が大きく変わるので、確実にパッチリした目元を作りたい人に人気です。
ただし、美容外科でこの施術を受ける場合、費用は埋没法や切開法よりも高いのが普通です。

Topへ